北海道@アンモナイト日記

アクセスカウンタ

zoom RSS りんぞうさんと再会! 8月下旬 カンパニアンの沢

<<   作成日時 : 2014/10/16 00:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22

みなさん、こんばんは

まずはお知らせです!

画像


今村享さんの木彫りのアンモナイトを中心とした作品展

画像


今村さんの確かな観察力と豊かな造形力、そして深い愛。

写真では、この感動がほとんど伝わりません(^_^;)

画像


ぜひ三笠市立博物館を訪ねて、実物をご覧ください。

もーりん 絶対おすすめの企画展です!

*********************************************************


今村さんには、Y先生のお宅で初めてお会いしました。

福岡幸一さんの「北海道アンモナイト博物館」の日本画の扉絵も

今村さんの作品です。

画像


*********************************************************


さて、本題です。



すでに、りんぞうさんのブログで

紹介されましたが、

朝8時に沢の入り口でバッタリお会いしました!

画像


びっくりしたのは、とにかく速い!

りんぞうさんは、最上流部までの往復を

たったの3時間で。

しかも22センチのビニール貼りの

極上ユウパキを発見!


************************************************************************





私と相方は、同じ行程を8時間、

車にたどり着いたのは、夕方4時でした。(@_@;)




画像

            でべそパキには、へそがない!


画像


            ためしに、割ってみても




画像


              こんな状態


この日の収穫は、

画像



メタプラ入りのちいさなノジュールと


画像

               左右 25cm


  
このアンモナイトの部分化石でした


しかし、カンパニアンからの、


これはいったい何だろう??????



画像





次回につづく


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
どうももはにちは(+∀+)!!
「樹の古生物展」もぅ御覧になったのですね〜はや〜。ポスターでした拝見してまてんでしたが、会場のお写真を見てさらにビビラッチョ!!もんげー展示ですね。ワタクシめも近いうち行きたいです〜。 うぅ〜むむむ。りんぞうさん...いくら超ベテラン様とは言え、カナテコの健脚ですね(+∀+;)。。。ワタクシならついてある事も出来ないと思うです。そして確実な採取。オトロシイ方です。 ラストのアンモ様は何様でしょか〜??次回が待ち遠しいです。
もとろん
2014/10/16 14:37
おぉぉぉぉこの沢でしたか〜 ビニパキはナイスサイズですね〜欲しい(*^_^*)

りんぞうさんは、ポイントを良くご存じかと思います。
Sさんと歩いた時も、要所をじっくり、他はすすっと歩いておりました
三笠博物館の木彫り展示、サイズもあり得ないニッポで、精密な作品
ですね〜色を塗ったら本物です。すご〜い
アルビアン
2014/10/16 14:56
ご無沙汰してます、いつも精力的にご活躍され、陰ながら応援しております。      この度は、『樹の古生物展』の紹介をして頂きありがとうございました。        又どこかで、もーりんさんに会えるのを楽しみにしております。               
寝起きのアンモナイト
2014/10/16 18:37
樹の古生物展・・素晴らしい標本と言うか作品ですね。私は来週見に行こうかと思っています。ニッポも凄い迫力ですね。こういう彫刻を作れる人・・尊敬します。

りんぞうさんとのコラボ、楽しそうですね。22cmのビニパキ・・羨ましいです。でも私も歩くのが遅いからきっと置いてけぼりになってしまうかもしれません。そして・・クマの餌になってしまうかも(笑)。
apogon2
2014/10/16 20:23
こんばんは。
今村享氏の木彫りのアンモナイト(パキ?)いいですね。
売り物ではないですよね?

もーりんさん、僕は歩くのが早いと思っていなく・・ただノジュール等が、目に入らないから前進するだけなんですよ。(笑)
アルビアンさんが仰るポイント・・特別ありません。
ただ、二次堆積と地滑りが起きてるトコだけ見てるだけで、それは皆さんと同じです。(笑)
カンパのアンモ・・変なの出るでしょう。
部分的なモノだから、なお更そういう風に見えるのかもしれませんけどね。
Eのメタゾーンからもタイヤの様なアンモも出ますよ。

今度は・・来年かな?
よろしかったら・・ゆっくり御一緒しましょう。
りんぞう
2014/10/16 20:36
もーりんさんどころか、
私は、夏、500mを6時間ですから(爆爆)

関西では、プラビトやディディモを樹脂で作って、ノジュールに埋めてしまった達人もいますよ。

ずいぶん前から、各地のミネショで並んでいたものです。
fossil1129
URL
2014/10/16 20:41
もとろんさん
「樹の古生物展」ぜひご覧になってください。
きっと、もとろんさんの心の琴線にビビビーンと響きますよ〜
りんぞうさんは北の大地のパイオニア。すごい洞察力を感じました。(*^_^*)
もーりん
2014/10/16 21:04
アルビアンさん
「要所だけをじっくり見る」極意ですね!
わたしは全行程をゆっくり見るものですから、成果もしょぼい。
いざポイントに到達したら、ホジホジする根気と体力がないんです・・・(^_^;)
今村さんのニッポニテス・メガビリスは、造形力はもちろん、木目の活かし方が素晴らしく、震えるほど感動しました!(*^_^*)
もーりん
2014/10/16 21:16
寝起きのアンモナイトさん
石の亀裂や、殻が残されている部分と剥がれている部分の表現、感激しました!
銅細工のデスモセラスは手元に置いて、毎日ながめては、さすりたい気持ちになりました。
ユウボストリコ・ムラモトイの肋の向きの変化をしっかり観察されていて、驚きました。
わたしの羽幌図鑑のスケッチは、もっともっと時間をかけるべきだったと反省しました。
またお会いしたいです。ありがとうございます。(*^_^*)
もーりん
2014/10/16 21:26
apogon2さん
わたしももう一度見学に行きます。
生物画を描くことは、対象をしっかり観察することになるので、とても大切であるという話を聞いたことがありますが、今村さんの作品を見て、痛感しました!
この見学の後、Cさんと2人でapogon2さんのホームグランドにおじゃましました。
林道がかなり荒れていてヒヤヒヤしました。坊主でした。(^_^;)
もーりん
2014/10/16 21:38
りんぞうさん
保存も良く、山も穏やか、化石も豊富で、やはり最高の産地ですね!
本当は、ビニパキの完全体がいちばん嬉しいのですが、部分化石でも結構満足しています。
このアンモはすでに、りんぞうさんには察しがついていると思いますが、結果は次回のブログネタに取っておきます。
ぜひ、来年ご一緒させてください。よろしくお願いします。<(_ _)>
もーりん
2014/10/16 21:51
fossil1129さん
500mを6時間! とても興味があります!
どんなスペシャルな巡検なのでしょうか?
あー〜 気になって、今夜眠れません。(@_@;)
プラビト&デディモ、ノジュール入りのレプリカですか!
これも、ぜひ見たいです。
もーりん
2014/10/16 22:02
樹の古生物展が行われているんですね。11月後半に札幌で会議があったような気がするので、見に行けそうです。写真からもリアルさが伝わります。りんぞうさんとのコラボも良いですね。ビニパキの実物にお目にかかりたいです。最後のアンモは・・・まったく察しがつきません。薄いのでしょうか?
ZX9-R
2014/10/16 22:05
ZX9−Rさん
最後のアンモは薄型、扁平です。
ビニパキという言葉、2010年に初めて聞きました。
ちょうど今回と同じ沢です。本州からの愛好家の口から「ビニール張り」と。
いつか、こんなユウパキをゲットしたいです!
樹の古生物展、「あっ!これは○○さんの標本だ!」との発見もまるかも?(*^_^*)
もーりん
2014/10/16 22:28
パキ、美しいです〜!
僕も20cmくらいのパキを部屋に飾ってみたいです(笑)
アンモナイト少年
2014/10/17 20:38
アンモナイト少年さん
楽しみながら山歩きを続けてくださいね。
ユウパキはそのうち、きっとゲットできますよー。(^_^)v
三笠市立博物館には行きましたか?
私はアンモナイトにはまってからは、幾度となく通いました。
もーりん
2014/10/17 22:53
木彫りのアンモ、本当に精巧に作ってありますね。
パキなんて本当にそっくりで、沢に落ちていたら持って帰ります!笑
殻のはがれた部分や、少し変形している部分まで再現されているのは、本当に見事としか言いようがありません。
化石大臣
2014/10/18 16:18
化石大臣さん
そうなんです。殼の再現が見事です。写真ではうまく伝わらないので、ぜひ実物をご覧ください。
海洋堂のフィギュアの反対の方向性、実物を正確に拡大しています。(^_^)
もーりん
2014/10/18 21:36
木彫りでここまで精巧にアンモを作るとはすごいですねー。
是非間近で見てみたいです。
木目や木の香り・・・画像ではわからない細かさもスゴそうですね。
じゅりあ
2014/10/19 07:01
じゅりあさん
木目はニッポニテスが見事でした。
ぜひ見学に行ってみてくださいね。(^_^)v
もーりん
2014/10/19 21:17
木彫りのアンモすごい職人技ですね、ご神体になりそうです
床の間があれば間違いなく飾りますねえこれは
22センチの美しいパキを持つ姿素敵です
はにわ
2014/10/29 19:00
はにわさん
コメントありがとうございます。
今年の夏休みは、化石展されたのですか?
このユウパキ、喉から手が出るほど、欲しいと思いました。(^_^;)
もーりん
2014/10/29 19:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
りんぞうさんと再会! 8月下旬 カンパニアンの沢 北海道@アンモナイト日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる