北海道@アンモナイト日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ねずみや主人さんからのプレゼント& 新春 もーりんコレクション 極美のアンモ

<<   作成日時 : 2017/01/20 00:08   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 24

みなさん こんばんは



明日から仕事始め・・・・(^_^;)

「行きたくなーい!」とブルーな気持ちでいたところ



なんと、ねずみや主人さんからメールが!

「あけましておめでとうございます。

プレゼントを送ります。楽しみにしていてくださいね〜♪」



届いたレターパックを開けると・・・・




画像


ねずみや主人さんが自ら拾った漂着瓶


画像


巨大なシーダマとレトロな薬瓶



そして



画像


メンタームの缶♪ 

このデザインは、私が Yオークションで落札し損ねたものと同じ!

モデルの少女は たぶん

内外薬品(富山)の社長 笹山梅治さんのお孫さん。



画像




画像


うれしい〜♪ ねずみや主人さん、ありがとうございます。




*****************************************************

年末年始に ひとつくらいは

クリーニングをしようと、


画像


在庫ノジュール箱から取り出したのが

画像


この小さな石

画像
 

かなり綺麗なアンモナイトです♪ (#^.^#)


**************************************************



それでは、完成作品をご覧ください



画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像

    ラペット♪

画像

    おへそ★



この種類は!\(^_^)/・・・・





次回につづく ・・・・

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
「もーりん」さんへ

おはようございます。
先日は、久々に「もーりん」さんの御声も聞けて、とっても嬉しかったですよ〜!
昨年「ねずみや」が「極貧状態で〜」等と泣き言を申した際、御優しい「もーりん」さんにいろいろ御心遣い頂き、その節は本当に幸せ頂き有難うございました。
御近所さんに対しても、御心遣い頂いた結果の「1点物巨大シーダマ」サプライズ!
御近所さんからの御指定「もーりん」さんへのプレゼント「最上・最大の古そうなシーダマ」デカさと内包された気泡に「ねずみや」もビックリ〜!
「もーりん」さん、きっと御喜びになるなぁって思いました「良かったですね」。
「銀化したガラス瓶」全て「Z海岸産」ですが、御喜び頂き嬉しいです。
この「アンモナイト」は「エゾイテス」の仲間でしょうか?
本当に美しいですね、素晴らしい「虹色アンモナイト」ですね!
これからも、何とか、乗り切りましょうね!

「ねずみや主人」でした
ねずみや主人
2017/01/20 07:08
おはようございます。
エゾイテス、素晴らしいですね!
石の雰囲気から、去年僕が頂いたものと同じ場所っぽいです。
久しぶりに羽幌のうっとりする色のアンモナイトを見て、
今年のやる気が湧いてきました!
似たようなクリーニングしていた去年が懐かしいです。
今年こそは…お会いしましょうね〜
コニアシアン
2017/01/20 07:19
エゾイテスラペット珍しいです。羽幌エリアでしょうか。素晴らしいです。
エース吉田
2017/01/20 11:21
御無沙汰していました。
今年もよろしくお願いします。

素晴らしいエゾイテスですね。
しかも、ラペットが保存されていて・・僕は初めてみました。
化石を大切にする方には・・こういう御宝が授かることになっているんだなぁ・・と、つくずく思う次第です。
良い物を見せて頂きました。<(_ _)>
りんぞう
2017/01/20 17:30
こんにちは〜(^^)/ とっても素敵なサプライズになりましたね
もーりんさんの喜びそうな物をしっかりお知りになってますね
優しい方ですよね(^^)/
羽幌のコニアシアンのは美しい光沢が良いですね〜
マダガスカル産のような美しさです。
エゾイテス マツモトイですか〜
小平地域などでは比較的ラペットも残ってますよね
cleaningも素晴らしいですよ〜羨ましいです。
化石を生かすもーりんさんですね(^^)/
アルビアン
2017/01/20 19:46
虹色エゾイテスちゃん、本当に綺麗ですね〜。しかもラペット付きとは・・なかなか採れるものではないですよね。
比較的小さなアンモですが、こういうものを大切にする気持ちが大事ですよね〜。私は最近寒さのせいでクリーニングをほとんどやっておりません。サントニアン〜展間に合うのか(笑)。
ネズミや主人さんの贈り物もステキですね。メンタムは中身は入っているのでしょうか・・
apogon2
2017/01/20 20:15
こんばんは〜
美しい!かっこいい!素晴らしいエゾセラスですね!
虹色アンモ憧れます(*^_^*)
今年はこの標本のようなアンモを採りたいです!
アンモナイト少年
2017/01/20 20:33
プレゼントもアンモも良いですね〜。
アンモもステキですが、ラペットって、殻口の部分じゃなくて何なんですか???
成長が終わると・・・とよく書かれていますが
終わったアンモはどうするんでしょうかね〜。死んじゃうのでしょうか。(^_^;)
貝では「老成する」と言いますが、もうそれ以上育たないのでしょうかね。
謎だらけですね。
言葉は知っていますが ソレの事はサッパリわかっていませんでした。
じゅりあ
2017/01/21 13:08
これは綺麗ですね!
素材も素晴らしいですが、クリーニングがさすがです。
クリーニング技術があるからこそ、アンモが引き立ちますね!私はまだまだです(汗)
やままん
2017/01/22 11:37
 こんばんわです。
途中からまきがほどけていってるんですね。
ラペットって可動式のくちばし的なものかと
思ってましたが、固着してそうですね。
場所的には解かさないと次の殻が作れない感じ。
それなのにわざわざ作るって、
軟体部の背もたれ的に重要なのですか?
ベルーガ
2017/01/22 22:18
明けました!
おめでとうございました!

安否確認できて、よかったです。

もーりんさんらしい、記事です。私的にはエゾイテス記事の方がうれしいです。

今年もよろしくお願いします。
fossil1129
2017/01/24 21:57
ねずみや主人さん
今回はお年玉プレゼントありがとうございます。
おかげさまで明るく新年を迎えることができました。
ご近所さまからの巨大シーダマは、わが家の家宝として
子々孫々まで伝えていきます。
今年もお互いに健やかな良い年でありますように。\(^_^)/
もーりん
2017/01/25 18:29
コニアシアンさん
羽幌物はとくにカンパニアンとコニアシアンのものが
美しいです。コニアシアンさんも運転免許を取ったら
羽幌にも足をのばしてくださいね。
私も小さなアンモナイトのコレクションを充実して
いきます。(^_^)v
もーりん
2017/01/25 18:35
エース吉田さん
そちらの産地では、ラペット付きのアンモナイトは
少ないかもしれませんね。
しかし、カンパニアンのアンモナイト、それも美しいものが
採れるので、とってもうらやましいです。
泊まりがけで行きたーい(^_^)/
もーりん
2017/01/25 18:55
りんぞうさん
大きな物が当たらないため、小さな物を
いじっています。まあ、小物も写真で撮って拡大すれば
大物を縮小した写真に匹敵する存在感を出せますね。
以前いただいたキャナドとメンタム缶
ときどき眺めては、ニヤニヤしています。m(__)m
もーりん
2017/01/25 19:02
アルビアンさん
おっしゃるとおり、エゾイテス・マツモトイだと思います。
と、言いますか 私はこの種類しかわかりません。(^_^;)
これから、少しずつコレクションを増やしながら
勉強します。
ねずみや主人さんには、欲しいメンタム缶の写真を
送ったりして、ご厚意に甘えまくっています。
もーりん
2017/01/25 19:22
apogon2さん
先日、サント〜マストリ展への出品標本を
納めてきました。楽しみですねー\(^_^)/
apogon2さんのゴードリセラス・インター
楽しみです。ぜひ出品してくださいね。
もーりん
2017/01/25 19:28
アンモナイト少年さん
いつもコメントありがとうございます。
勉強とアンモナイトの両立、頑張ってね。
だいぶコレクションも増えたのでは?
今年もよろしくお願いしますね〜\(^_^)/
もーりん
2017/01/25 19:34
じゅりあさん
ラペット。なんだか、不思議ですよね。
オスだけが持つ、殼口の装飾?
メスへのアピール?
眼のガード?
じゅりあさんの説は? (*_*)
どなたか
ラペットの研究論文があったら教えてください。
もーりん
2017/01/25 20:57
やままんさん
私はローガンも進み、努力も怠りがちです。
そのため、クリーニング技術は
さっぱり向上していません。
エアチゼルに頼っています。(^_^;)
もーりん
2017/01/25 21:04
ベルーガさん
私も同じ疑問を持ち、研究者に訊いたことが
あります。
ラペットは溶かして、再構築するのではなく、
殼の成長の最後に一度だけ造っているようです。
羽幌図鑑p99の3標本のうち、虹色の個体は
かなりフックを伸ばしてから、ラペットを
造っています。虹色の個体は別種かも知れないと
私の師匠のY先生は おっしゃっていました。
もーりん
2017/01/25 21:12
fossil 1129さん
本来 ナマケモノの私には月に一度だけの
ブログ更新が無難なようです。
毎月20日に更新しますので、思い出したら
見てください。m(__)m
ブログタイトルは、このままでいきます。(^_^;)
もーりん
2017/01/25 21:16
素晴らしい贈り物。そして素晴らしいアンモですね。虹色系のエゾイテスは見ますが、もっとボンヤリした印象の化石が多くて、ここまでクッキリした虹色は滅多に出ませんね! ここまで保存が良いのはあの沢のかな〜(笑) ラペットも残った完品ですね。
Zx9-R
2017/01/28 19:40
ZX9-Rさん
そうです。あの沢です。
それにしても、キャライコ2個を
リュックに入れて沢を下る
ZX9-Rさんの馬力には驚きました。(*_*)
くれぐれもケガに注意してくださいね。
もーりん
2017/01/30 18:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
ねずみや主人さんからのプレゼント& 新春 もーりんコレクション 極美のアンモ 北海道@アンモナイト日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる