北海道@アンモナイト日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 極上のアンモナイト つづき

<<   作成日時 : 2017/02/20 17:30   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 20

極上のアンモナイト

画像

Yezoites matsumotoi (Tanabe, 1977) 22 mm

画像


2003.6.22  N. river, Haboro



画像


羽幌図鑑に載せたP.99 の3色のエゾイテス・マツモトイ

これらに優る極めて美しい標本になりました。

画像

@ エゾイテスがもうひとつ    A コスマチセラス(一部)






これがエゾイテス・マツモトイの完模式標本    三笠産です。

画像

     Yezoites matsumotoi (Tanabe, 1977) Holotype
           GK.H.5827 size D21mm B10.3mm

Tanabe,1977 には スカフィテスの仲間がたくさん載っています。

「6の字」「9の字」が 好きな方には お勧めの文献です。





画像




昔の在庫から時々 こんな良質のものが

再発見されます。

画像


もーりん家の家宝にします♪



**************************************************


私、今年のアフターアンモは、野外炊飯を楽しみます♪

画像


ウッドストーブ 「マックスブースト」 amazonで2,700円

画像


ステンレス製の5枚のプレートを組み立てます。


画像
  

燃料は端材や野外で拾った枯れ枝でOK! 

シンプルでとても良く燃える設計


*************************************************************

画像


これは、トランギアのメスティン(1合炊き)と

アルコールストーブ用の五徳、ストームクッカー♪

ちょっと奮発してゲットしました。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
まさに極上アンモナイトですね!
これほどのものなら、小さくても嬉しいです。
クリーニングが化石を引き立てていますよ。
これからも北海道各地のうっとりするアンモを、
発信し続けてくださいね。
一ヶ月が過ぎるのが早く感じます。春よこーい!!\(^o^)/
コニアシアン
2017/02/20 20:54
コニアシアンさん
コメントありがとうございます。
タイトルが「アンモナイト日記」なのに
月に一度だけの更新になってしまいました。
コニアシアンさんはガシガシ若い勢いで
更新して頑張っていますね。\(^_^)/
お互いに春の雪融けが待ち遠しいですね。
もーりん
2017/02/20 21:39
Y・マツモトイは美しいですね! 変形したりボンヤリしたものはありますが、ここまでクッキリして虹色はありません。まるでロシア産の標本みたいです。
昨年はすっかりご無沙汰した産地ですが、また気になってきました。やっぱり異常巻きならH幌かも。
ストーブもステキですね。私はその前に、登山用のコンロを購入したいです
ZX9-R
2017/02/21 17:07
ZX9−Rさん
私は登山用にスベア123を使っていました。
クラシカルでカッコいいのでお気に入りでした。
今はカートリッジ式のコンロが主流ですね♪
不便なウッドストーブ、煙は出るは、クッカーは
ススだらけになるはで、大変ですが
木のパチパチ燃える音と炎には癒されますよ〜
もーりん
2017/02/21 19:27
安否確認できました(笑)
それも、極上アンモつきで。

在庫の石から
こんな素晴らしいものが出てくるなんて
信じられません。

さすがですね〜。
fossil1129
2017/02/21 20:29
fossil1129さん
ご無沙汰しています。
元気でやっています。(#^.^#)
昔の在庫からは、当時あまり関心のなかった
小型のアンモナイトや異常巻きが再発見
されます。
しかし、ポリプチコセラスはすべて現地に
置き去ってきたので、在庫からは ほとんど
見つかりません (^_^;)
もーりん
2017/02/21 20:41
こんばんは〜
美しいですね〜
何より手のひらサイズという大きさがいいですね!
僕も小さいアンモのクリーニングにチャレンジしますが、必ず傷がついてしまいます(^^;
アンモナイト少年
2017/02/21 20:44
アンモナイト少年さん
私は細かい作業はエアチゼルなしでは
さっぱりできなくなりました。(^_^;)
若いときは、細工針を使い、手作業で
頑張ったのですが・・・
アンモナイト少年さんは若くて
視力も集中力もあるので、
まだまだこれから技術が向上しますよ。
もーりん
2017/02/21 21:25
まったく素晴らしい出来です。小さくても綺麗な状態です。冬も楽しんでください。もう少しで春が来ます。
エース吉田
2017/02/22 09:36
「もーりん」さんへ

こんにちは〜!
本当に美しい「エゾイテス・マツモトイ」です。
「宝石アンモ」北海道産の「アンモナイト」は、何と素晴らしいのでしょう!
ウットリ、俗世間を忘れそうです。

「ねずみや主人」でした
ねずみや主人
2017/02/22 11:19
こんにちは〜〜(^_^)/です。
本当に美しい金属光沢ですよね!このエゾイがまた可愛らしくて
優しい感じがしました。
雪山でカマクラ作りキャンプも良さそうですね(^^)/~~~
大きな河原で採集して!お食事も自然派で癒されそうです。
アルビアン
2017/02/22 16:12
クリーニング室として使用している自室が寒くてまだ今年になってからクリーニング作業をしておりません。石はあるのですけどね〜、もう少し暖かくなってから・・と思っていますが。
エゾイテスの標本は素晴らしいです。2冊目の図鑑の表紙を飾っても良いくらいではありませんか!
私も子供が小さなころにキャンプ用品を一式揃えましたが今は押入れの肥やしになっています。コールマンのガソリンランタンだけはたまに点けていますが・・
apogon2
2017/02/23 17:29
こんばんは。
これほど綺麗なものが採集できる産地は素晴らしいです。
羽幌は一度は行ってみたいですね。
やままん
2017/02/23 21:36
エース吉田さん
ありがとうございます。m(__)m
そうですね。春が待ち遠しいですね。
北の海も春の気配が感じられるように
なってきましたか?
富良野はここ数日、冬に逆戻りです。(^_^;)
もーりん
2017/02/23 21:54
ねずみや主人さん
ありがとうございます♪
北海道に起こしくださいね〜
虹色、白、茶、黒・・・
北海道産 極上の
アンモナイトが待っていますよー。\(^_^)/
もーりん
2017/02/23 21:59
アルビアンさん
焼き肉パーティーに
ウッドストーブ、持参しますねー♪
うそです。
煤と煙だらけで、ひどいことになります。
焼き肉には やっぱり、炭火が最高ですね。
もーりん
2017/02/23 22:04
apogon2さん
クリーニング室の寒さでは、負けていませんよー。
この場でなんですが、apogon2さんの
エゾミカサリュウの夜の写真には感動しました。
素晴らしいです。
近々お会いできますね。\(^_^)/
もーりん
2017/02/23 22:10
やままんさん
羽幌は林道が荒れて難しくなりましたが
根性があれば何とかなります。
今年はご一緒したいです。\(^_^)/
もーりん
2017/02/23 22:13
やはり道北のキラキラアンモはステキですね。
私もこちらの石にエゾイテス見つけましたが真っ黒で小さくて カスにしか見えません。泣
キラキラしてるとどんな壊れたポリプチでも ステキな標本に見えてしまいます。笑
じゅりあ
2017/03/01 07:35
じゅりあさん
やっぱりキラキラ、ヒカリモノは
いいですね。
じゅりあさんのブログで
「日本のレトロ瓶」という新刊本が
出たことを知りました。
ありがとうございます。
さっそく買いに行きます。\(^_^)/
もーりん
2017/03/18 14:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
極上のアンモナイト つづき 北海道@アンモナイト日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる