アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「博物館」のブログ記事

みんなの「博物館」ブログ


三笠市立博物館企画展 始まります♪ & りんぞうさんからの @♪

2017/03/17 00:03
3月14日 仕事を終えて帰宅すると

画像


居間に ゆうパックの小包が置いてありました。

数日前にヤフオクで落札した 「鉄人28号 goods」 かと思ったら

な、な、なんと! 送り主が稚内(わっかない)♪

見た目以上にずっしり重い!

もう、これは りんぞうさんからのプレゼントに違いない。



ドキドキしながら箱を開けると

画像


画像


みごとなキャナドセラス! 

北海道開拓記念館(旧北海道博物館)の特別展で

展示されていた、 I さん(稚内在住)のキャナドセラスの標本を見て

「いつか、こんなきれいなキャナドをゲットしたいな〜」

思っていた、それと同じような大きさと色合いの

キャナドセラスです。

画像

                Canadoceras kossmati

以前、何回かに分けて「キャナドセラス属の種名」について

扱いました。



http://ammomori.at.webry.info/201408/article_3.html

http://ammomori.at.webry.info/201409/article_1.html

http://ammomori.at.webry.info/201409/article_2.html

http://ammomori.at.webry.info/201410/article_2.html

画像


このノジュールにはCanadoceras minimum 風の

小型の個体が5〜6個は入っていそうです。

また、キャナド熱が再発しそうです。(^_^)

画像

品名は「石」の一文字♪ さすが、りんぞうさんらしいです (#^.^#)

りんぞうさん。ホワイトデーに

ホワイトキャナドのビッグプレゼント

ありがとうございます。

さっそく クリーニングを始めます♪



*******************************************




画像

3月4日に行われた展示作業には14名の会員が

集まったそうです。


*************************************************************

とても楽しみにしていたのですが、

私は当日行けなかったため、

翌日に三笠博物館に行き、

画像


F会長と唐沢学芸員さんと3人で

残りの作業(標本とラベルの配置の微調整)をしました。


画像


*************************************************************

いつも感じることですが

画像


愛好家の方々の標本を直に観察すると

「クリーニング頑張るぞ〜」と

怠惰な心にカツが入ります。

画像




*************************************************************

画像





常設展示室の奥にある特別展示室で


3月22日(水)から開催します。

今回の展示も凄いですよ〜

画像






来月からは、毎月 「1日」 と 「15日」 の 月に2回の

ブログ更新を目標に、少しだけ頑張ってみます。







記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 17


三笠市立博物館 特別展 始まりますよ〜♪

2016/07/14 07:29
画像


【開催期間】7月16日(土)〜10月10日(月)

【場  所】三笠市立博物館 多目的ホール

【協  力】東京大学総合研究博物館、横浜国立大学、横須賀市自然・人文博物館、

      三笠市立博物館ボランティアの会

【料  金】入館料のみでご覧になれます。

【休 館 日】月曜日(祝日の場合は翌日) 



********************************************

先日、三笠市立博物館に訪問して

公開前の準備中の展示会場を

ちょっとだけ見せていただきました。


もーりんの感想


1 ケガをした痕跡が残されたアンモナイト

  現生のオウムガイの修復痕と対比させた展示がみごとです!



2 黒い被膜がみられるアンモナイト

  有名なのはゴードリセラスのオヘソですが、

  他にも驚きの化石標本が!



3 素晴らしい展示パネル

  可愛いアンモナイトのイラストや

  ウィットに富んだネーミングがいっぱい!




    この展示を作り上げた、相場さん、唐沢さん

    若きアンモナイト研究者お二人の

    センスの良さと、アンモナイトへの深い愛情が

    伝わってくる、感動的な展示です。




この夏 ぜひ、会場にお越しください。

一般450円。 これは超 お得ですよ〜♪






三笠市立博物館H.P. →  http://www.city.mikasa.hokkaido.jp/museum/detail/00005903.html


北海道@アンモナイト日記 修復痕の話題

             → http://ammomori.at.webry.info/201601/article_3.html


画像
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18


りんぞうさんと再会! 8月下旬 カンパニアンの沢

2014/10/16 00:24
みなさん、こんばんは

まずはお知らせです!

画像


今村享さんの木彫りのアンモナイトを中心とした作品展

画像


今村さんの確かな観察力と豊かな造形力、そして深い愛。

写真では、この感動がほとんど伝わりません(^_^;)

画像


ぜひ三笠市立博物館を訪ねて、実物をご覧ください。

もーりん 絶対おすすめの企画展です!

*********************************************************


今村さんには、Y先生のお宅で初めてお会いしました。

福岡幸一さんの「北海道アンモナイト博物館」の日本画の扉絵も

今村さんの作品です。

画像


*********************************************************


さて、本題です。



すでに、りんぞうさんのブログで

紹介されましたが、

朝8時に沢の入り口でバッタリお会いしました!

画像


びっくりしたのは、とにかく速い!

りんぞうさんは、最上流部までの往復を

たったの3時間で。

しかも22センチのビニール貼りの

極上ユウパキを発見!


************************************************************************





私と相方は、同じ行程を8時間、

車にたどり着いたのは、夕方4時でした。(@_@;)




画像

            でべそパキには、へそがない!


画像


            ためしに、割ってみても




画像


              こんな状態


この日の収穫は、

画像



メタプラ入りのちいさなノジュールと


画像

               左右 25cm


  
このアンモナイトの部分化石でした


しかし、カンパニアンからの、


これはいったい何だろう??????



画像





次回につづく


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22


アイ・ミュージアム企画展  札幌自然史研究会

2013/12/26 00:03
みなさん、こんばんは。

画像


12月中旬、やっと行ってきました。

まずは、これ


画像


案内してくださった、札幌自然史研究会のメンバー考案の

ドリルタガネ・痛くないバージョン!

画像

塩化ビニールのパイプを切ってカバーにするアイデア。


画像

これは、もーりんオリジナルよりも良さそうです

**************************************************************


札幌自然史研究会のメンバー秘蔵のアンモナイト標本

画像
                   アンモノセラタイテス(ロシア)

画像
                   ユウパキディスカス(中川)


保存状態は、ピカイチです。

画像
                   グレイソニテス(幌加内)


しかも、レアな種がずらりと並んでいました。

画像
                   ドウビレイセラス(フランス)


画像
                   ドウビレイセラス(三笠)



今回は、Y先生、Mさんと3人で見学しました。

札幌自然史研究会の会長さんはじめ、4人の方々に

展示標本の解説をしていただいたり、

1階にある、クリーニングの作業部屋に案内して

いただきました。

画像


掃除機をそのまま利用した集塵装置

画像


これは、かなりのスグレモノです!



札幌自然史研究会のみなさま、ありがとうございました。

画像


当ブログに訪問してくださったみなさま

今年も1年、お世話になりました。 ありがとうございます。

よいお年をお迎えください。 (*^_^*)




記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20


逆川の巨大ノジュール ・・・・・ 羽幌町郷土資料館エピソード2

2013/04/04 00:05
みなさん、こんばんは。

ブログ「北海道@アンモナイト日記」を開設して

ちょうど、1年になりました。

今回は1周年記念、私のアンモナイト趣味の原点、

羽幌地域をテーマにお届けします。


画像


一部の方々に知られている、羽幌町郷土資料館に展示中の

巨大ノジュールの発見にまつわる話です。

画像

画像

当時の手帳にメモがありましたが、
あまり詳しくは記録していませんでした。
画像

画像



まずは、手帳に記した、そのままの文でお届けします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

メモ(全文)1999.10.9 Sat.


吉松、岡部、竹谷と自分の4人で逆川に入る。
ランクルが4WDにならないため、
ぬかるみの手前に車をおき、
逆川を岳見の合流点をめざし、歩いて下る。
岳見だと思いこんで、実は逆川の右沢に入る。
他の3人は虹色のアンモ(変形したものが多い)をとり、
自分はテトラ2コ入りのノジュールをget

奥の二股から右の本流に入ってびっくり。
500〜1t もある巨大ノジュールに5cmくらいの
アンモナイトがびっしり入っているものを発見。
うわーっ とみんなでさすって帰ってきた。
なんとか持ち出して資料館に展示したいものだ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



あまりに味気ない日記なので、記憶を付け足し、解説します。

いつものように岳見沢の入り口付近に車を置き、
逆川からすぐに岳見沢に入る予定だった。

この日は愛車の調子が悪く、
後輪駆動から四輪駆動への切り替えができず、
ぬかるみで車がスタックするのが心配になった。

そのため、逆川林道の上流部に車を置き、豊沢を下って
岳見沢との合流点から岳見沢を遡ろうとしたようだ。


行き先を「岳見沢」に決めたのは、間違いなく私のリクエスト。
当時は二本木光利さんの「私のアンモナイト物語・録」の
p.250の一文、「真珠光沢の化石」にものすごく惹かれた時期だった。

ふたつめの合流点が岳見沢の入り口なのに、
私が、ひとつめの合流点(逆川本流と豊沢の合流点)を
目的の岳見沢の入り口と勘違いしたようだ。

そういえば、あの時 吉松さんが
「ここは、岳見ではないぞ。逆川の上流だ。もう少しで大きな滝の下に出る。」
と言っていた。(^_^;)

画像


まだ駆け出しで、沢の位置関係が頭に入っていない私は、
吉松さんの言っていることが理解できずに、
この後もしばらく 「ここは、岳見沢だ」 と思いこんで、
真珠光沢のアンモナイトを求めて歩いていた。

それぞれ、蛇行の内側にできた河原や
沢の流れの中をのぞき込んでノジュールを探す。
4人のうち誰かがノジュールを見つけるたびに、歩く順番が入れ替わる。

私が最後尾になって間もなく、川の中央に深みがあり、
その深みを埋めるように1メートルほどの大きな岩があるのを見つけた。
水面下10センチほどの、この岩の上に一歩足をかけて驚いた。

よく見ると、表面に直径5センチほどのアンモナイトの断面、
黄色い方解石に置換された、独特の渦巻き模様が見える。
この岩そのものが、1個の巨大なノジュールだ。

川上に両足を置いて水の流れを遮るようにすると、
なんと おびただしい数のアンモナイトが浮かび上がった。

「おーい!」   前を歩く3人を大声で呼びもどす。

「こ・こ・これは・・・・。すごい・・・。」

「うわーっ。びっしり・・・アンモナイトだらけだ。」

「カキに似た貝も付いているぞ。」

「これは、たたいても割れないぞ。」

「このままにして帰ろう!」

画像

ちょっとだけ、小ハンマーでたたいてみると、「カーン」と高い音がした。
羽幌で普通にみかける泥岩質のノジュールは、たたくと「コーン」と低い音がする。
このノジュールは緻密なレキ岩やチャートのような変成岩に近い岩質で、
とても硬かった。初めて見る岩質のノジュールだった。

この後、少しだけ上流部の転石を探して、
さらに先にある大きな滝までには行かずに引き返した。

このノジュール発見の手前で、竹谷さんは3本のキールをもつ、
20センチほどのペロニセラスを採集していた。
巨大ノジュールに興奮してしまい、みごとなペロニセラスも
印象が薄くなってしまった。


この年、1999年4月に私は富良野市に転勤が決まり、
もっぱら土曜・日曜日に羽幌に通っていた。

後日、岡部会長を中心に古生物研究会のメンバーが
役場の職員を現地に案内したり、教育委員会と羽幌町に
このノジュールを搬出するよう働きかけた。

町議会で30万円の臨時予算が認められ、
翌年9月、油圧ショベル(キャタピラー式の重機)で丸一日かけて搬出した。

搬出作業は平日に行われたため、
富良野に住んでいた私は残念ながら立ち会うことができなかった。

仕事を休んででもカメラをもって参加すればよかった・・・。

画像

画像

画像


画像


長文になってしまいました。おつきあい、ありがとうございます。(*^_^*)



記事へナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 28


羽幌町郷土資料館 エピソード1

2012/07/05 21:07
羽幌町郷土資料館の話題です。

羽幌簡易裁判所が廃止になったのがきっかけで、
建物を郷土資料館として利用しようという話が持ち上がりました。
画像

かつて炭鉱で栄えた築別の曙小学校(廃校)・・・「緑の村」に、
それまで展示していた化石標本を羽幌の街まで
引き上げ、平成元年(1989年)に
現在の建物の2階に引っ越してきました。

「緑の村」当時の写真(フィルム)があったはずですが、
見つかりません・・・(^_^;)


玄関に入ると・・・

画像

でーん! セノマニアンの巨大ノジュールが。
発見者4名(O会長・Y氏・もーりん・T氏)
なぜか、当日の真の第一発見者である私の名前が3番目に・・・?
厳格な研究会の力関係か?(^_^;)

発見、そして搬出のエピソードは、いつかブログで紹介しますね。
画像

階段には数個の大型アンモナイトが・・・
画像

これは、私の発見となっている、100kgオーバーのアナパキですが、
じつは、職場の同僚N氏(大学の後輩)を連れて逆川に行ったとき、
私よりも前を歩いていたN氏が発見したものです。

「もーりんさあ〜ん!」 30m上流で、片手に釣り竿をもったN後輩が呼んでいる。

川の中の大きな石を指さしている。
画像
N後輩の指さした先には、60cmの太いアンモナイトが・・・
「こ、これは・・・!」 「そのままのアナパキだ!」

2人で力を合わせたが、重すぎて動かない・・・。
隠すために、石を上に載せてみた。

ケルンのように、かえって目立つ結果に。

当時、古生物研究会には厳しい おきて があって、
部外者を連れて行ってはいけないと言われていました。

入会したばかりの新参者の私は、
ルール違反の罪で除籍処分とされることを恐れ、

N後輩に口止め用の小さなアンモをあげ、
自分が
第一発見者ですと報告してしまいました。

このアナパキの大物は後日、研究会のメンバーと役場の職員数人で、
搬出してきました。

アンモにはまって5年目、ヒキョー者の私の告白でした。(^_^;)
N後輩、ごめんなさい。深く反省とおわびを申し上げます。<m(__)m>
今さら除籍にはならないと思うので、いつかラベルを訂正しますね。
画像



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18


三笠市立博物館

2012/05/06 07:59
いわずと知れた、三笠市立博物館の紹介をします。


画像

ちょうど1年前、2011年4月にリニューアルオープンしました。
天井の青いカーテンが太古の海中を連想させ、ドラマチックな
内装になりました。

画像



標本自体は以前から展示されていたものですが、配置はしっかり
科ごとに分類・整理され、アンモナイトの勉強をするには理想的な
博物館になりました。
1枚1枚のパネルはとてもわかりやすくまとめられているので、
すべてのパネルをデジカメで撮影(館内撮影可です)して
プリントアウト、冊子にすると、立派なガイドブックになります。

ゴールデンウィークには「化石クリーニング教室」のイベントがあり、
毎年、大盛況のにぎわいになります。
あえて、訪問時期をずらして、ゆっくり見学するのも
いいかと思います。

→ 「三笠市立博物館」で検索してください。充実したホームページです。
「標本写真の撮り方のコーナー」 ブログなどに応用できそうです。
 



アンモにはまった頃、何度も足を運び、2〜3時間は この空間に癒されました。
昔の展示もレトロで魅力的でした。 以下、旧博物館photo collection です。
画像


画像


画像



改装前にたくさん写真を撮っておきました
画像

                   アロサウルス・ゴジラエンセ?(^_^;)

画像


画像


画像

                    ホルキア(羽幌産) かなりレアな種です

画像


画像


三笠市立博物館は日本を代表するアンモナイト研究者を輩出しています。
(早川浩司博士・重田康成博士・栗原憲一博士)

今後、博物館シリーズもアップしていきます。
記事へ面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 11


トップへ | みんなの「博物館」ブログ

北海道@アンモナイト日記 博物館のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる