アクセスカウンタ

北海道@アンモナイト日記

プロフィール

ブログ名
北海道@アンモナイト日記
ブログ紹介
北海道のアンモナイトの魅力にとりつかれて20年
不思議な螺旋、美しい縫合線
川のせせらぎに身をまかせてのフィールドワーク
この気持ち、共感できたらうれしいです 

毎月2回 1日と15日に更新します

Cretaceous Ammonites from Haboro area,
Northwestern Hokkaido

羽幌地域限定のアンモナイト図鑑 

完売しました。ありがとうございました。


zoom RSS

クリーニングコーナー と アラジンストーブ

2018/04/15 07:53
みなさん こんばんは。


画像

ガレージの一角に、アラジンの灯油ストーブを置きました。


画像

クリーニングスペースをカーテンで仕切って
さらにアルミシートで周りを被いました。


画像

反射式のストーブよりも
火力は弱いのですが、



画像

80年間、基本的なデザインを変えていないそうで、懐かしさを感じます。

画像

着火もマッチで行います。


画像

この炎を「ブルーフレーム」と呼ぶそうです。


画像

やかんでお湯を沸かして、珈琲を楽しんでいます。



******************************************************



画像

クリーニング台の側面には、セリアで買ったフックを取り付けました。


画像


1×4 (ワンバイフォー) の端材で作ったエアーチゼル用の台

画像

旭川のコメリでディスプレーされていた物の模倣(pakuri)です。(@_@。

画像

2×4 (ツーバイフォー)の端材で作ったタガネ立て(pakuri2号)(*_*;

画像

側面の板は18mmの厚み。 クリップライトがジャストフィット ♪


画像

作業用メガネ置き場




*******************************************************



今回もユーボストリコセラスムラモトイの続きです。

画像

前回はここまで。




画像


5巻き目が現れました♪ \(^_^)/


画像

ノジュールの裏側には

画像

ダメシテススガタ

画像

アナゴードリセラスリマタムの一部が。



このように、 数種の組み合わせで

地質年代について思いを馳せることも

アンモナイトの魅力のひとつですね。(^_^)/




*********************************************



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


続きを見る

トップへ

月別リンク

北海道@アンモナイト日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる