北海道@アンモナイト日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 置き忘れアンモの正体は・・・ 

<<   作成日時 : 2013/08/15 00:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

 

みなさん、こんばんは。


画像


画像


前回の 「置き忘れアンモナイト」 の所在がわかりました!

このアンモナイトは

日高地域のカンパニアン前期の小沢でゲットしました。

発見したのは、2008年3月30日、回収したのは翌31日 (^_^;)

画像


この沢は、1970年代の古い文献を見て、

初めて訪問しました。


*****************************************************************


文献によると、

イノセラムス・シュミッティー(多産)

キャナドセラス・コスマチ(かなり産出)


となっていて、他にもカンパニアン前期の

アンモナイトが多数リストアップされていました。





アンモナイトの趣味を始めて、

いちばん欲しかったのがユウパキディスカス だったのですが

いくつか集まってくると、

次に欲しくなってきたのがキャナドセラス でした。



キャナドにしては、へそのまわりに突起もなく、のっぺりしている。

「なんだろなー?」

5年間、わからないまま机の上に置いていました。



*******************************************************************




今年6月に むかわ町穂別で行われた講演会のときに

重田先生に このアンモナイトを見ていただきました。


画像

画像

かけていたメガネをはずして、

いろいろな角度からじっくり観察

してくださいました。

画像


「これは、珍しい! いちばん近いのは、

パキディスカス・エクセルサスです!」


「エクセルサスですか!」

西村博士もびっくりしています。

画像


「えくすろ? えくせり? ・・・・何ですか? 外国産の種類ですか??(@_@;) 」

20年も、この趣味をやっているのに、初めて耳にする名前。


「穂別産ですよ。松本先生が記載しています。」

「たしか、一標本だけだったかも?」


「パキディスカスということは、時代はマストリヒチアンですか?!」


「いえ、アッパーカンパニアンのメタプラゾーンのさらに
 ひとつ上のゾーンから出るパキディスカスになります。」


「それにしても、日高は面白い地域ですね。」


「へーっ。そうですか。珍しいですか。 へっへっへ・・・」
 
ニタニタと、下品な笑みを浮かべる私でした・・・(*_*;


*********************************************************************************


ということで、さっそく北大理学部の図書館から

記載論文のコピーを送ってもらいました。

画像


画像


画像


画像


画像




*********************************************************************************

Pachy :  厚い

discus :  円盤

excelsior : より高い ← 語尾の変化はよくわかりませんが、たぶんこれが語源?


*********************************************************************************


画像

Pachydiscus excelsus Matsumoto, 1979     D20cm B7cm

パキディスカス・エクセルサス



3000点を誇る、もーりんコレクションに   ← ウソです (^_^;)


パキディスカス属 第1号標本として登録です! やったー!(^.^)/~~~



*****************************************************************************

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
凄いですね! やっぱりパキディスカスの仲間でしたか!!
しかも聞いた事のない、超レアアンモですね!!
それにしても、プロとはいえその場で種まで同定されてしまう重田博士も凄いです。
りんぞうさんの宗谷産のアンモとの関係も気になりますね。いま、この時代が熱いですね!
いよいよ、アンモにもーりんさんの名前が付くのも近づいてきたような雰囲気がします。種名の記載はぜひ苗字でお願いします(爆!)
ZX9-R
2013/08/15 05:58
やったー!!
名前も何だか どえりゃーカッコイイ
天候が回復したら週末に穂別に行く予定なので
採って来ます。ナンチテ〜
じゅりあ
2013/08/15 08:22
もーりんさん、こんにちは。ご無沙汰していました^^。

エクセルサス・・初聞きです。素晴らしい標本ですね。
そんな珍しいアンモ、見つかって本当に良かったですね。やはりもーりんさんの執念が実を結んだのでしょうか。
私も何度か現地に置き忘れをしましたが、悔やんでも悔やみきれないのが異常巻きの破片。あれが残っていたのなら完全体だったのに・・(翌日降った雨で流されてしまいました 涙)。
実は先日お邪魔したM笠のGさんのお宅で同じ場所で見つけられた私のより一回り大きな個体を見せられてひっくり返りそうになりました(笑)。
apogon2
2013/08/15 13:58
もう自分にはさっぱり分からない種名ですが
大発見やりましたね(^^v  スレた感じは好きですよ
先生に見て頂いてさらに珍しいものとあれば、も〜りん博物館にて宝物扱いでしょう
なにか分からないでモヤモヤすることなく判明してなによりです
本当に回収できてよかったですね^_^;

はにわ
2013/08/15 14:34
ZX9ーR さん
りんぞうさんの標本は保存状態もピカイチなので、もっといろいろなことが読み取れると思います。稚内に重田先生が行くときには、ぜひりんぞうさんのコレクションを見て欲しいです。
K浜行きたいなあ…
もーりん
2013/08/15 20:10
じゅりあさん
穂別ですか! 成果期待していますよー。
今の時期は人も少ないかも、熊ものんびりしているかも?
でも、気をつけてください。
もーりん
2013/08/15 20:16
狭義のPachydiscus@彡は
北海道では得にくいですね。
その中でも、一個体しか報告されていないレアアンモなんて
素晴らしいです。

タイプ・ローカリティもはっきりしているので記載されたのでしょう。
価値ある追加標本ですね。
fossil1129
URL
2013/08/15 20:20
apogon 2さん
ノジュールを割った部品の回収もれは本当によくありますね。
私は、少しでも荷物を軽く、小さくしたいという欲望に負けてしまうと、
バラバラ事件と回収もれをおこします。
もーりん
2013/08/15 20:22
はにわさん
自分で勝手に見つけて、勝手に置き忘れて、そのことによって付加価値が加わりました。
多少保存状態が悪くても、満足しています。
もーりん
2013/08/15 20:30
fossil 1129さん
そちらのパキディスカス・アワジエンシス
1つ欲しいのですが、北海道産のアンモナイトと
交換してくれる方はいますか? 今度こっそり教えてください。
どのくらいのレベルの稀少価値ですか?
もーりん
2013/08/15 20:45
エクセルサス、初めて聞きました。回収に行った甲斐がありましたね、レアアンモGETおめでとうございます。
私は昨日今日と巡検に行きましたが、雨に振り回された二日間でした〜(-_-)
アンモ屋
2013/08/15 22:56
ここ数日の雨、もう少しまとまって降ってほしいですね。
雨まじりのなかでの巡検、お疲れさまでした。
アンモ屋さんの黒光り極太パキ、すごい存在感ですね。(^_^)v
もーりん
2013/08/15 23:30
もーりんさんおはようございます。
置き忘れのアンモナイトが大化けしましたね。
本当に見つかって良かったですよね!
希少種のパキディスカスですか!
もし私が見つけていたら、ただのはパキで終わってました(笑)
本当に採取おめでとうございます。
トシプ
2013/08/16 08:00
どんげろもっちょーん(+∀+)!!!
ふわ〜っ!!!!前回のナゾナゾアンモ様は表計算が得意系のアンモさんでしたか〜!!
やっぱし、大変な御苦労されてでも取りに戻って良かったですね〜。もーりんさんも「これは貴重系かも??」という予感があったのでしょか〜。今、あらためて、前回の記事を読みましたが...「あれ?ない?」のシーンは鳥肌が立ってしまいました。ワタクシめがゴイスなアンモをゲッチョする確率は少ないですが、それでも、立派アンモを置き忘れたらと思うと寒気がするです〜(+∀+;)。 専門家のお見立てゴイスです!! もーりんさんの一流コレクションがさらにさらにUPした瞬間ですね。。。5年前のゲッチョ品ではありますが...超おめでとうございました〜(+∀+)!!!
もとろん
2013/08/16 18:33
トシプさんのNTB コレクションには貴重なものが、かなりあると思います。
機会がありましたら、専門家にみてもらってください。
NTB 行きたいです。
もーりん
2013/08/16 20:15
P.awajiensis、私、採集したことがありません。
今、淡路の有名アンモで一番、採集が難しいです。
(パタジオ並み)

高速道路のIC工事とPA工事の時に出ただけなので
持っている人は、三笠・夕張並みの真っ黒な標本を多く採集しておられます。

しかし、「しじょう」に流出したり、化石をやめてしまったりして
交換用のものはかなり難しいです。

自宅には、風化して茶色いもの(いただき物)と大阪の不完全品(購入)の2点しかありません。
fossil1129
URL
2013/08/16 20:30
もとろんさん
いつも元気になるコメントありがとうございます。
珍種が少ない私のコレクションのなかでは、うれしい存在になりました。
もとろんさんの巨大ウニ化石も色々調べていくと、ますます
光り輝く標本になりますね。
もーりん
2013/08/16 20:32
fossil1129さん
貴重な情報ありがとうございます。
宇都宮さんの「クビナガリュウ発見」にたくさんのコレクションが載っていたので
けっこう採れるのかなと思っていました。
とんでもなく、甘い考えでした。(^_^;)
しかし、fossilさんのコメントで、イメージがつかめました。
ありがとうございます。
もーりん
2013/08/16 20:39
なんと、エクセルサスですか!


というか、もちろん初耳です(笑)
それにしても日高は「採れると凄い」んですね。
Macrowavecat
URL
2013/08/18 23:56
macrowavecatさん
私も初耳でした!(@_@)
次回は十勝石のネタを作成中です。
もーりん
2013/08/19 21:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
置き忘れアンモの正体は・・・  北海道@アンモナイト日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる